2023年09月12日

ありがとう舞洲

どうも、秋の風を感じ始めたHNKNです。
気付けば9月ですね、今年もあっという間に終わりそうですね。。。

今回はJOTO CUP舞洲クリテ&TTに出展してまいりました!
参加された皆様お疲れ様です!!

今年も酷暑でクタクタなりましたね。

今回、CORSA PRO & PRO CONTROL & NEXTの展示、試乗を行わせていただきました。
ブースでは特性の違いなど説明させていただき、少しでも興味を持っていただけたらなと思います目

image3.jpeg
↑試乗にてCORSA PROを体感していただきました。


image0.jpeg
↑お客様チームにて出場いただきありがとうございます!!

image1.jpeg

image2.jpeg
入賞された皆様おめでとうございます。


残念なお知らせになりますが、舞洲でのレースは今回で最後となります...
思い返せば、自分の実業団でのデビューも初めて優勝したのもココ舞洲でした...
個人的な思い入れがかなりあり、またいつか開催していただきたいなと思っております。


長い間たくさんの方にご愛好いただきありがとうございました!!



秋の舞洲が終わったということは、そろそろシクロクロスのシーズンですね!
みなさま準備しておりますでしょうか??

今シーズンも関西シクロクロスをメインに出展させていただく予定なので、よろしくお願いいたします!

HNKN
posted by HNKN at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2023年08月22日

みんな、チェックしてる??

どうも、鈴鹿の猛暑にやられたHNKNです。

シマノ鈴鹿に出走、出展、ご来場された方々お疲れ様でした。

朝から晩まで汗の止まらないアツい2日間でしたね。
私はほとんどトイレに行った記憶がございません... え?

今回はVITTORIA様よりCORSA PRO,CORSA NEXTをお使いの方々に大変有益な情報が発信されてましたのでシェアさせていただきます!!

https://www.vittoriajapan.co.jp/news/corsa-pro-corsa-n-ext%e3%81%ae%e6%8e%a8%e5%a5%a8%e7%a9%ba%e6%b0%97%e5%9c%a7/

記事ですが推奨空気圧が細かく記載されており、タイヤのパフォーマンスを最大限引き出すうえで最も大事なのではないかと私は思います。

良い製品を使っても管理が出来ていないと、宝の持ち腐れとなり製品の特長などを体感できずに終わってしまします。

そのためにも細かいですが、自分に適応した空気圧を知ることが大切なのです...

HNKN
posted by HNKN at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | テック系

2023年05月29日

CORSA PRO 限定ジロピンクカラースペシャルセット、抽選販売のお知らせ

ジロ・デ・イタリア第21ステージでヴィットリア・サポートチームが採用したジロピンクカラーのCorsa PROについて、日本国内限定50セットの抽選販売を実施します。ご興味のある方はこちらのサイトからアクセスください。

VTJ販売サイト

応募期間:2023年5月29日17:00 - 2023年6月4日23:45
抽選発表は2023年6月5日17:00以降、当選者に直接メールでご案内するとのことです。

corsapro-giro.png
posted by HNKN at 16:47| 製品情報

次世代のタイヤとは...(つづき)

どうも、暑さに順応できていないHNKNです。
梅雨時期に入りじめじめとした嫌な季節がやってきましたね...


今回はそんな鬱陶しさも吹き飛ばしてくれるような商品のご紹介です。


以前のブログで紹介させて頂いたCORSA PRO&Air-Linerの装着方法&インプレになります。

ちょっとしたポイントでインストールが楽になるので解説させていただきます!

そのまえに...

Air-Linerというモノを聞きなれない方も多いますので、軽く紹介いたします

見た目は黄緑でウレタンスポンジのような素材になっており、チューブレスタイヤの中に入れて使用するのですが、このライナーがパンク時の安全性を高めてくれます。

タイヤ内では空気圧が掛かるためライナー自体は収縮しており、走行に支障をきたしません。

走行中にシーラントでふさげないようなパンクに見舞われた際、タイヤ内の内圧が抜けることによりライナー自体が元の大きさに戻り、タイヤ内のエアーの代わりとなって乗車中の荷重を支えてくれるのです。

想像しやすいのは、車のランフラットタイヤですね。

なお、ライナー自体は約30gと軽くお守り代わりに入れておいてもイイかもしれませんね。


前置きが長くなりました...



<今回使用するのがこちら>
IMG_6833.jpg

・Vittoria Corsa Pro TLR 28c x2
・Air-Liner M size x2(リムの内径、タイヤ幅に合ったサイズをお選びください)
・マルチウェイバルブ 80mm x1
・ユニバーサルシーラント x1
・チューブレステープ 25mm x1

決してVittoria社の回し者ではございません!!
たまたまでございます!!




「装着方法」


1,リムを掃除し、リムテープを貼る
IMG_6835.jpg

チューブレスタイヤを取り付ける際に必ずやっていただきたいのがこのリムとビート部のお掃除になります。

これをやらない事により、シーラントのカスが残っていたりと、ビートが上がらない原因を無くすことが出来ます。
しっかりと掃除しましょう...


そして、リムテープを貼っていきます。
IMG_6837.jpg


2,TLバルブを取り付ける
IMG_6838.jpg

リムテープに穴をあけ、バルブを装着します。

今回使用するマルチウェイバルブは通常ワンウェイのチューブレスバルブと違い、シーラントの詰まりやインサートを入れた際のエアーの通り道を確保できるように作られています。
mutliway_valve_holes.jpgTire_inserts_compatibility_EN.png


3,タイヤを取り付ける
IMG_6844.jpg

タイヤを取り付けていきます。

コットンケーシングでしなやかな為取りつけもしやすく、タイヤレバーを使用せずに取り付けることが出来ました。


4,Air-Linerを取り付ける
IMG_6842.jpg
今回はAir-Linerをタイヤ内に入れていきます。

ちょっとしたコツがあるのでご説明します。


(1)まず、チューブを入れるような感じで入れていきます。

(2)ホイールの半分まできたら捻るようにして入れていきます。
指で押しながら転がすように入れていくと◎
Airliner3.gif

(3)しっかりとインサートをリムに載せてからタイヤレバーを使いつつタイヤをはめます。



5,タイヤに空気を入れビートを上げる
しっかりとタイヤがはまっていることを確認し、空気を入れていきます。

ビートの内側にタイヤビートを落とさず、ビートの際にタイヤビートを引っ張り寄せてあげると上げやすい印象を受けました。


6,シーラントを入れる
IMG_6848.jpg

一度エアーをすべて抜き、バルブコアを外しシーラントを入れていきます。
IMG_6849.jpg

今回使用しているユニバーサルシーラントですが、キャップ部がバルブコア外しになっているためコア外しを持っていない方でもご使用いただけるようになっております。

IMG_6850.jpg

ビートを上げた後、そこまでエア漏れがひどくない印象だったので20mlづつ入れました。
まんべんなく浸透させるため、ホイールを90°づつ動かし振っていきます。

これでエア漏れが無ければ完成です!
IMG_6851.jpg



CORSA PROを使用しだして二週間ほどたちますが、エア圧も安定しておりシーラントは20ml程度でちょうどよかったと思います。

タイヤの使用感としては、従来品のCORSAよりしなやかで軽やかに走れる様になっており、簡単にイメージしてもらいやすいのは28cのコットンケーシングチューブラーを使っているような感覚です。

路面状況も分かり、乗り心地はよく、コーナーでバイクを倒し込むとモッチリとした感触で路面をしっかりと掴んでいる様子を感じました、踏ん張ってあげるとしっかり耐えてくれるので、コントロールがしやすく走っていて気持ちがいいです。


転がりに関しては気にならない程度の軽さで不満はありませんした。
aerocoach社によるローリングテストではGP5000 S TR(25mm), Michelin Powercup TLR(25mm)より僅かながら低い転がり抵抗を記録しておりました。
CRR+chart+190523-1920w.jpg
https://www.aero-coach.co.uk/time-trial-rolling-resistance-data



さらに乗り込んでみて、耐久性をテストしていきたいと思います。



これからタイヤを変える機会のある方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?


posted by HNKN at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報

2023年05月17日

次世代のタイヤとは...

お久しぶりです。
夏日になってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか??


わたくしHNKNは最近スケボーを始めましたが、1か月以内に骨折しそうな勢いです...



今回はツールドフランス、パリルーベなどで話題となっており、つい先日発表されたばかりの新商品、「CORSA PRO」のご紹介になります。

corsaprocontrol_1-2048x561.png

Vittoria社のコットンケーシングタイヤとしては、前作のCORSA G2.0から約4年ぶりに一新されました。
corsapro.png

特徴としてはタイヤの製造過程を見直し、これまで接着していたトレッド面を加硫という技術を用いてケーシングとシームレスに一体化しています。

これにより、従来の接着によるロスを解消し、しなやかさや転がり抵抗を向上させており次世代のタイヤへと生まれ変わりました。

コンパウンドに関してはCORSA NEXTと同じくトレッドセンターにシリカをサイドにグラフェンを配置しつつ、配合をCORSA PRO用に変更しており耐摩耗性とグリップを両立しています。

対パンク性能も対パンクベルトを高密度なものに改善されており、小石などの突き刺さりに耐えられるようになっています。

個人的に大きな改善点だと思うのが、ビート部分が強化され気密性が上がった為、
装着時にビートが上げやすく空気圧の保持もしっかりと行ってくれる点です。


従来品はビート部分のコーティングがされておらず、ビートの上がりにくい印象を受けていました。

そのため従来品のCORSA G2.0のTLRモデルを使われる方は少なかったのではないでしょうか??


今回CORSA PRO発表に合わせて、CONTROLモデルも同時に発表されました。
corsaprocontrol.png

従来品と同じく、コントロール性、対パンク、耐久性を重視したモデルとなります。

CORSA PROよりトレッドは0.4mm厚くなり対パンクベルトも厚い物が入っており、より耐久性が向上しています。

新しくなったのが、トレッド面サイドにある杉目状のトレッドにフィッシュボーンテクスチャと呼ばれるパターンを追加しており、
より高いハンドリング性能を実現しています。


少しでも転がり抵抗や重量を気にされる方はノーマルモデルを、普段のトレーニング、ロングライド、路面の悪いところを走りつつ性能も重視したいという方にはコントロールモデルをオススメします!



以下、各モデル別のスペックとなります。

CORSA PRO(コルサプロ)TLR
サイズ(重量):24c(265g)、26c(275g)、28c(295g)、30c(300g)、32c(320g)
ケーシング:コットン320tpi
コンパウンド:Graphene + Silica
新ETRTO規格に準拠
28幅以上はフックレスリムに対応
税込定価:¥13,900

CORSA PRO CONTROL(コルサプロ・コントロール)TLR
サイズ(重量):26c(295g)、28c(320g)
ケーシング:コットン320tpi
コンパウンド:Graphene + Silica
新ETRTO規格に準拠
28幅はフックレスリムに対応
税込定価:¥13,900

CORSA PRO(コルサプロ)Tubular
サイズ(重量):23-28”(285g)、25-28”(295g)、28-28″(340g)、30-28″(365g)
ケーシング:コットン320tpi
コンパウンド:Graphene + Silica
税込定価:¥20,900
※チューブラーは従来と同じトレッドゴムとケーシングを接着する構造となります。


次回はAir-Linerを使用したCORSA PRO装着編に続きます。


HNKN
posted by HNKN at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報